クマ

CLINIC

診療内容 | クマ

TOP > CLINIC 診療内容 > お悩みから探す > クマ

クマとは

目の下が暗く、疲れたように見える状態のことです。
目の下の皮膚は顔の中でも一番皮膚が薄く透けて見える部分で、クマの原因や種類は大きく次の3つに分類されます。

青クマ(血行不良)

青クマ(血行不良)治療方法

疲れなどにより血流が滞ることで、毛細血管が皮下に透けて青みがかったクマのことです。

茶クマ(色素沈着)

茶クマ(色素沈着)治療方法

アイメイクによる色素沈着や、摩擦、紫外線によるメラニン色素の蓄積、角質の蓄積によって現れる茶色っぽいクマのことです。

黒クマ(影クマ)

黒クマ(影クマ)治療方法

老化による目の周りのたるみやくぼみにより、影ができたように見えてしまうクマのことです。

青クマの治療方法

毛細血管に働きかける効果のあるジェネシスで血流を改善したり、ベビーコラーゲンやエランセMでコラーゲン生成を促すことを基本治療としています。
また体調改善や疲労回復などの点滴の併用も有効です。
さらに治療効果を高めるため、内服薬などを状態に応じて処方していきます。
クリニックの治療とあわせてエステメニューもご用意しています。

茶クマの治療方法

レーザートーニングでメラニンを徐々に分解して肌のトーンアップをしていくことを基本治療としています。
さらに治療効果を高めるため、ビタミンC導入や点滴などの併用や各種外用薬などを状態に応じて処方していきます。
クリニックの治療とあわせてエステメニューもご用意しています。

黒クマの治療方法

ヒアルロン酸やベビーコラーゲン、エランセM、W-PRP皮膚再生治療などで目元のくぼみやたるみを改善していくことを基本治療としています。クリニックの治療とあわせてエステメニューもご用意しています。