多汗症

CLINIC

診療内容 | 多汗症

TOP > CLINIC 診療内容 > お悩みから探す > 多汗症

多汗症とは

運動時や気温が高いなどの要因がない状況で大量の汗をかく状態のことです。
過労や食生活の乱れ、過度の緊張や強いストレスなどによって、汗の分泌を促進する交感神経の機能が異常となり多量に汗が分泌されます。
ワキ、手の平、足の裏など部分的な症状を「局所性多汗症」、全身に起こる症状を「全身性多汗症」と呼びます。

多汗症の治療方法

ワキのボトックスで交感神経の働きを弱め、汗腺の活動を抑制することが有効です。
多汗症の方だけでなく、日常的なワキの汗にも効果的です。
汗の分泌が少なくなることで、臭いの軽減も期待できます。
他疾患が関係している可能性のある全身性多汗症、ワキ以外の部位に関してはカウンセリング当日に施術が難しい場合があります。
多汗症