医療脱毛・脱色

CLINIC

診療内容 | 医療脱毛・脱色

TOP > CLINIC 診療内容 > お悩みから探す > 医療脱毛・脱色

医療脱毛・脱色(ムダ毛)

ワキや腕、ビキニラインなどのムダ毛処理はエチケットとして定着しています。
処理をしていても、すぐにチクチクと生えてきてしまうため、定期的な処理が必要です。
自己処理を続けることにより、皮膚内で発毛・成長してしまう埋没毛、かぶれ・細菌感染などの肌トラブルが生じます。女性だけでなく、男性の方でもヒゲを気にする方も増えてきています。
毛には生え変わりのサイクル「毛周期」があり、次の4つに分類されます。

成長初期治療方法

毛母細胞の分裂が始まり、皮膚の中で毛が成長し始めている期間です。

成長後期治療方法

毛母細胞が活発に分裂し、毛が皮膚表面に出て伸びている期間です。

退行期治療方法

毛母細胞の分裂が停止し、成長を終えた毛が抜け落ちるまでの期間です。

休止期治療方法

毛が抜け落ち、皮膚の中で活動を停止している期間です。

毛周期
生えている部位によって伸びる長さや速度が異なるため、毛周期の1サイクルの期間も部位ごとに異なります。毛周期に合わせて間隔をあけて施術をする必要があります。
脱毛は毛根にダメージを与え脱毛する方法のため、毛根が成長している成長初期・後期が適しています。
脱色は皮膚表面に出て伸びている毛の色を抜くため、成長後期が適しています。

医療脱毛・脱色(ムダ毛)の治療方法

ライトシェアデュエットで脱毛することを基本治療としています。
毛がなくなることによって、黒くみえていた毛穴の状態が改善され毛穴が引き締まります。
背中などの細い産毛にはレーザーブライトニングで脱色も有効です。