頭髪

CLINIC

診療内容 | 頭髪

TOP > CLINIC 診療内容 > お悩みから探す > 頭髪

頭髪(薄毛・抜け毛)

薄毛や抜け毛などの症状で多くの方が悩みを抱えています。
原因や種類は様々で大きく次の6つに分類されます。

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)治療方法

男性ホルモンの影響で毛周期の成長期が短くなることにより、毛髪が太く長く成長することができず徐々に細く産毛のようになり、結果的に生えなくなってしまう症状です。
早い人では20歳代前半から始まり、頭頂部や前頭部から進行することが多いです。

円形脱毛症

円形脱毛症治療方法

ストレスなどが原因で免疫機能の異常が発生する「自己免疫疾患」により、円形状に頭髪が抜け落ちる症状で、多発して頭全体の毛や体毛が抜ける場合もあります。

皮膚疾患による脱毛症治療方法

長期的な湿疹や毛根の炎症などにより、抜け毛を引き起こす症状です。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症治療方法

びまん性とは広い範囲に広がるという意味です。加齢やストレス、ホルモンバランスなどにより、頭頂部を中心に頭髪が全体的に薄くなる症状です。女性の薄毛の主な原因になっています。

産後脱毛症治療方法

妊娠・出産に伴う急激なホルモンの変化により、産後に抜け毛が増える症状です。
約半年~1年の間で回復しますが、高齢出産や産後ストレスにより長引く場合もあります。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症治療方法

髪の重み、まとめる時の張力によるダメージや血行不良により、栄養が行き渡らず生え際などが薄くなる症状です。

男性型脱毛症(AGA)の治療方法

男性ホルモンによる頭皮への影響を抑え脱毛を抑制する「プロペシア」、血行改善を促し発毛を促進する「ミノキシジル」の2種類の内服薬が有効です。
さらに治療効果を高めるため、W-PRP皮膚再生治療やモザイクヘア、外用薬の併用が効果的です。

円形脱毛症の治療方法

まずは各種外用薬などを状態に応じて処方していきます。

皮膚疾患による脱毛症の治療方法

まずは各種外用薬などを状態に応じて処方していきます。

びまん性脱毛症の治療方法

サプリメントや外用薬で毛髪構築・成長を促し、発毛や髪質改善に働きかけることが有効です。
さらに治療効果を高めるため、W-PRP皮膚再生治療やモザイクヘア、エステメニューの併用が効果的です。

産後脱毛症の治療方法

授乳中はサプリメントの服用や外用薬治療などが難しいため、エステのメニューで血行を促進し回復を早めることが有効です。

牽引性脱毛症の治療方法

サプリメントや外用薬で毛髪構築・成長を促し、発毛や髪質改善に働きかけることが有効です。
さらに治療効果を高めるため、W-PRP皮膚再生治療やモザイクヘア、エステメニューの併用が効果的です。